フィクション大魔王・阿部日ケ~ンのサル芝居
あべひ問題を語る」掲示板の見出しには「掲示板やブログを運営する創価学会員へアドバイス」のひとつに、こういうことを載せております。

・阿部日ケ~ン(院政)が開設したブログの閲覧は、IPを晒される場合があります。Googleキャッシュかネットカフェでたまに見る程度で十分です。

「アドバイス」に掲載されている内容の一部を「誹謗中傷」とほざいていたはずのあべひなのだが、そのあべひが、どこをどうトチ狂ったのか、自分のブログにアクセスがあった「IP情報」を「魅惑的な人々」のブログに晒すという所業をやってたようです。

不正アクセスや荒らし中傷の「書き込みをした者」に対する報復措置としての「IP晒し」はよく聞く話ですが、「ブログや掲示板を閲覧した者」のIPを晒すというのはそれほど聞かない話だし、私の知る限りでは、創価学会の中傷をしているホームページの運営者と思われる某人物が「自分のHPにやってきた創価学会員のIP情報」とか称して30いくつもまとめて2ちゃんねるに晒したのを見たことがあるくらいです。(一般的プロバイダのIP情報だけでユーザーの宗旨がわかるのか?)


「あべひ問題掲示板」の「アドバイス」に対する対抗措置を考えるとするならば、

「アンチあべひの皆さ~ん! IP晒しの話はデマですよ~! ブログの閲覧は大歓迎なので、どんどんアクセスしてきて下さ~い!」

くらいに鷹揚に構えればいいものを、あべひという奴は相当に猜疑心が強いのでしょうか?

私(kachi_kachi_yama)が関知していない「一般人のIP情報」を、あべひは自分を批判しているサイトの「アドバイス」に"書いてある通り"に晒すという奇妙キテレツとも言える行状を見るにつけ、あべひという人物が本当に「馬鹿な奴」だとの思いはますます深まるばかりです。



さて、その「魅惑的な人々」ブログには、あべひの「サル芝居」とも「後出しジャンケン」とも称すべき主張も載ってたみたいです。


私は小説を手にすると「あとがき」を先に読んでしまう事が往々にしてあります。
それは一つの物語を書き後世に残すの著者の思いが如実に反映されていると
考えているからです。


私の菊川さんに対する批判の論点を「そもそも論」にすり替えるのは、
かえって菊川さんや他人の論拠に相乗りをして罵詈雑言を投げかける人が
いかに不利なのかを逆証明しているようなものではありませんか。

もしかすると閻魔オヤジさん(注:あべひ問題掲示板の投稿者「エンマ親爺」のこと)
戸田城聖著 小説人間革命(下)【聖教文庫版】の256ページに
戸田先生が「人間革命の真髄-あとがきに変えて-」を寄稿されている事を
わすれておられるのかもしれません。
そこには明確に自著のとらえ方が書かれています。


閻魔オヤジさんにも菊川さんにも問いましょう。

戸田先生はどのように自著の「人間革命」を読んで欲しいと書かれていますか?


聖教文庫版・戸田城聖著「人間革命」(下)の256ページに関する話題ならば、5月11日に掲載した「フィクション大魔王・阿部日ケ~ン(その2)」の記事にて、私がとっくに出しておりましたよん。


「人間"失格"」のフィクション大魔王・阿部日ケ~ン(その2)より再掲

そもそも、戸田城聖著「人間革命」における「登場人物の描き方」については、戸田先生も、自分の著作した「人間革命」の「あとがきに相当する部分」でおっしゃってることがあるわけで、出すのであるならば、先にその記述を出せばいいものを、あべひはそこを出さずに、わざわざ、平成の時代に執筆された「新・人間革命」の記述を持って来ているのだ。
(そりゃ、あべひが戸田城聖著「人間革命」の本を持ってなければ、戸田先生がおっしゃってたことを出せないでしょうね。笑)


-----(再掲記事はここまで)-----


私が「あとがきに相当する部分」の暗示で指摘していたこの話こそ、まさしく、聖教文庫版・戸田城聖著「人間革命」(下)の256ページのことを話題にしていたわけです。


◎カチx2
「戸田先生も、自分の著作した『人間革命』の『あとがきに相当する部分』でおっしゃってることがあるわけで」


●あべひ
「私は小説を手にすると『あとがき』を先に読んでしまう事が往々にしてあります」


◎カチx2
「そもそも、戸田城聖著『人間革命』における『登場人物の描き方』については」

●あべひ
「私の菊川さんに対する批判の論点を『そもそも論』にすり替えるのは」



◎カチx2
「そりゃ、あべひが戸田城聖著『人間革命』の本を持ってなければ、戸田先生がおっしゃってたことを出せないでしょうね。笑」


●あべひ
「戸田先生はどのように自著の『人間革命』を読んで欲しいと書かれていますか?」




あべひの発言をよぉ~く分析して見ると、「戸田先生の人間革命を持ってないだろ」「新・人間革命の記述をねじ曲げている」等々の私の指摘を相当なまでに意識しているのがすっかりバレバレの内容であり、読んでいて笑いが止まりませんでした。



※「ハイ!授業中」(作詞:伊藤アキラ 歌:松本ちえこ)の歌詞より
(世代がわかってしまうな~ 苦笑)

 歴史 wah wah yeah yeah yeah!
 ヒトのはじめはサルだった
 サルのまんまのヒトもいる
 wah wah yeah yeah 授業中!



「鬼畜坊主のハンドルネーム」を名乗っている滋賀のはぐれ迷惑ザルが「人間革命」するのは、はたして「却後過無量劫 / 却って後、無量劫を過ぎて」(法華経 提婆達多品第十二)の話にでもなるのだろうか?


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村 創価学会

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村 仏教
[PR]
by kachi_kachi_yama | 2012-05-31 17:30


<< 大石寺化してしまった富士宮ボー... フィクション大魔王・阿部日ケ~... >>