戸田城聖著「人間革命」読まずに異見?あべひ
創価学会において「小説・人間革命」と言えば、戸田城聖著「人間革命」池田大作著「人間革命」(全12巻)池田大作著「新・人間革命」(単行本既刊分23巻聖教ワイド文庫既刊分20巻、現在も聖教新聞に連載中)の3種類がある。

戸田先生の「人間革命」は、昭和26年4月20日の聖教新聞創刊時から3年4ヶ月に渡って「妙悟空」のペンネームで新聞小説として連載され、昭和32年に精文館書店から単行本で発刊されていた。

そして、戸田城聖著「人間革命」は、現在でも聖教文庫において上下巻2冊856円で購入可能であり、全12巻&既刊23巻+αと膨大な分量がある池田先生の「人間革命」「新・人間革命」と比べても、読破に難儀するほどの分量ではないはずなのだが、どうやら、あべひは戸田先生の「人間革命」をまともに読んだことがないようだ。



※「富士宮ボーイ」より抜粋。一部編集あり。

No.34988 【内】 驚愕!人間革命をフィクションだと明言した男 投稿者:阿部日ケ~ン(院政) 投稿日:2012-04-24 13:03:52 ID:6276e53d9

※小説・人間革命をお読みですか。
 戸田先生の人間革命は多くはフィクションで書かれています。池田先生の人間革命
 はノンフィクションなんです。

(月下の騎士  No.17 <仏教勉強中さん> コメントより)


とうとう菊川さんは歴代会長の小説人間革命を「フィクション」だと明言
するようになりました。何様でしょうか。

フィクションとは架空・虚構の物語を指す言葉であることは皆さんも承知でしょう。
戸田先生の「人間革命」は創価学会という実在の宗教団体を描いたノンフィクション
小説であることは論をまちません。

「ノンフィクション」とは史実や記録に基づいた作品を指すのであって
作中に出てくる主人公や関係者の名前が実名かどうかが問題なのではありません。
『多・く・が・フィクション』(創作)で人間革命がかかれているというのなら
責任をもってどこが創作なのかを示し責任を果たすべきでしょう。


憤りを禁じ得ません。



私は、戸田先生の「人間革命」を「ノンフィクション小説」と主張するこのあべひの発言に「憤り」どころか、あべひへの「失笑」を禁じ得なかった。

ちなみに、戸田城聖著「人間革命」では、戸田先生のモデルとされている「巌さん」の37歳当時の場面が最初に描かれている。

その概略を説明すると、小説の主人公である巌さんは、事業に失敗して借金を抱えていた貧乏人の植字工(活版印刷の植字)で、酒飲みで家庭も荒れすさんでいた中、巌さんの妻であるおつやが、柴田と称する人物から宗教座談会に誘われ、その座談会で牧口常三郎先生と出会ったことで、「大善生活」をやっていこうと決意し、宗教と無縁の生活をしていた巌さんを説得する場面が描かれている。

いわば、戸田城聖著「人間革命」の前半部に描かれている「巌さん」は、創価教育学会の牧口常三郎会長を支え、学習塾経営や学習参考書の発刊で大成功を遂げていた37歳当時の戸田先生とは、経歴や人間模様の状況が大幅に異なっており、月下の騎士の菊川氏曰く「戸田先生の人間革命は多くはフィクションで書かれています」は、間違いではないのだ。


ちなみに、池田先生は、聖教新聞の2010年9月20日号に掲載された「随筆『我らの勝利の大道』」にて、このようにおっしゃっている。


 戸田先生(妙悟空)著の『人間革命』は、文字通りフィクションとして書かれた前半と異なり、後半ではご自身がモデルである主人公の「巌さん」に先生の実体験が重ねられていく。
 そして、この巌さんが、獄中で広宣流布のために生涯を捧げようと誓願を立てる場面で、小説は終わるのだ。



戸田先生の「人間革命」については、池田先生も、前半部分を「フィクション」と明言しているのに、「ノンフィクション小説」という言葉でもって、実在の戸田先生を「貧乏人の植字工」にしてしまったあべひ。


「事実」を元に批判するのではなく、
「フィクション」を元にして学会員を誹謗中傷するあべひには、
私から
フィクション大魔王」の称号を捧げよう(笑)



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村 創価学会

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村 仏教


※お知らせ

4月28日(土)~5月6日(日)ゴールデン・ウィーク期間中の当ブログ更新は、特段の事情がない限り休止いたします。ブログの更新は、GW明けの週を考えております。

なお、GW期間中の私のコメントは、「あべひ問題を語る」の掲示板で行う場合があります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村 創価学会

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村 仏教
[PR]
by kachi_kachi_yama | 2012-04-25 17:10


<< 戸田城聖著「人間革命」読まずに... 「ネット警察官・あべひ」のお粗... >>